特殊武器

インパクトグレネード

  • 投げた後で爆発する手榴弾。
  • 地面、障害物や車、人などに当たった瞬間に爆発する。
  • 初期武器ではあるものの、対人のサポート、対車両、爆発物処理などに有用。
    ただし、最高レベルまで威力を強化しても高レベルのエピックやシンドロームなどは直撃に耐えるので注意。

    数量クールダウンダメージ範囲パワー
    初期値120秒2.5m4500
    最大強化後3.212秒4m6300

地雷

  • 設置後に敵や敵車両が踏むと起爆する地雷。
    爆発範囲は地雷を中心とした円で、LAYMORE地雷と違い指向性はない。
  • 敵の地雷は緑、味方の地雷は黄色で表示され
    味方(車両含む)が踏んでも起動しない。
  • 爆発するまでは戦場に残り続けるが、
    最大設置数を超えて設置した場合は
    最も古いものから消滅する。
  • 「起爆範囲」さえ上げておけば踏んだオペレーターは即死する。(モーゼス以外)
    このため「ダメージ範囲」がほぼ死に項目となっている。

    最大設置数クールダウンダメージ範囲起動範囲
    初期値116秒4.5m1m
    最大強化後68秒7m2.5m

スモークグレネード

  • 着弾地点に煙幕を張る。
  • 煙幕内では敵味方ともに照準を合わせる武器
    (メイン武器やピストル)による攻撃が出来ない。
  • 近接武器やグレネード、固定機銃(タレット)など、
    そもそも照準が出ない攻撃は煙幕内でも有効。
  • 煙幕は爆風やエミッターで解除される。

    数量クールダウン煙幕範囲煙幕持続時間
    初期値120秒4.5m12秒
    最大強化後610秒7m21秒

C4

  • 仕掛けた後任意のタイミングで起爆できる
    いわゆるプラスチック爆弾。
  • 壁や障害物、車両などの目の前で設置した場合はその対象物に、
    何もない場所では地面に設置される。
  • 設置後はスペシャルスロットのボタンが起爆スイッチに変化する。
    このボタンを再度押すことで任意のタイミングで起爆する。
  • 強化しても設置数は1のまま。
  • あらゆる爆発物の中で最も効果範囲が広い。
    味方や自分を巻き込む誘爆に注意。
  • 設置者が死ぬと「死後の遅延」秒後に自動で爆発する。
    少しくらい遅延した方が、自分を倒した相手がうっかり引っかかることもあるので上げないのも手。
  • 障害物や瓦礫などにC4を設置してエミッターで吹き飛ばすとで遠方での爆破が可能。

    クールダウンダメージ範囲死後の遅延
    初期値25秒6.5m2.7秒
    最大強化後6.2秒9.8m0.9秒

RPG

  • いわゆる対戦車ロケット。
  • 直撃時の威力はプレイヤーの装備品の中では最高峰。
  • 発射直前まで自由に向きを変えられる。
  • 発射後は何かに命中するまで直線上の軌道で飛ぶため、
    高低差があると命中しないことがある。
  • 強化によりクールタイムは減らせるが、弾数は1で固定のまま。
    ただしレアオペレーター「デビッド」のみ2発ストック可能。


    発射前の遅延クールダウンダメージ範囲パワー
    初期値1.5秒25秒3.8m16000
    最大強化後0.3秒12.5秒5.7m22400

破片手榴弾

インパクトグレネードとの大きな違いは以下。

  • 爆発の範囲がより広い。
  • 威力が高い。
  • より高い放物線を描いて飛ぶため、
    インパクトグレネードより目の前の障害物を超えやすい。
    (最終的な飛距離はそこまで変わらない)
  • 車両や障害物、人などに当たってもすぐには爆発しない。
    爆発は落下した約1秒後。

  • このため、高速で走り回る敵や車両などに 直接当てるのは非常に困難。
    効果範囲と威力を活かして、
    敵の陣形を崩す際や、敵が制圧中のサークルに投げ込むなどの使い分けが必要。

    数量クールダウンダメージ範囲パワー
    初期値220秒4.1m12000
    最大強化後710秒6.1m16800

LAYMORE地雷

通常の地雷との大きな違いは以下。

  • 起爆範囲は広いが前面のみ。
  • ダメージ範囲も指向性なため前面のみ。
  • 壁面にも設置可能。
  • 通常地雷よりもダメージがやや低い

  • 敵味方による色の違いは無いが、味方のLAYMORE地雷は
    赤い起爆用のワイヤートラップが見える。
  • 対人地雷と書いてあるものの対車両でもしっかり起動する。
  • 最大設置数を超えて設置すると古いものから消えていくのは通常型地雷と同様。


laymore_1.png
味方のLAYMORE地雷のみ赤い起爆用ワイヤーが見える

laymore_2.png
起爆範囲および爆発範囲。地雷の真後ろや真横は安全

最大設置数クールダウンパワー起動範囲
初期値116秒52002.7m
最大強化後68秒91004.3m


アドレナリン

  • 短時間、使用者に移動速度上昇効果と毒ガスへの耐性を与える。
  • 効果中は頭上に紫のマークが出る。
  • 「速度ブースト」の項目はそのまま効果時間を秒で表す。
    移動速度は一律で150ほど?(要検証)。
    このため、鈍足であるほど相対的な効果が大きい。
  • 毒ガスは吸ってしまった後でもダメージを受ける前なら解毒剤代わりに使える。
  • アドレナリンは効果時間が切れたあとに、逆に鈍足になってしまう副作用が発生する。
    この副作用中は頭上のマークが反転しが表示される。
  • 鈍足は「後遺症持続時間」が経過するか、アドレナリンの再使用で消える。
  • アドレナリン使用中(後遺症時間含む)にテーザーを受けるとその場でスタンして一定時間行動不能になる。
  • アドレナリン非使用時にテーザーを受けた場合、テーザーのスローダウン効果をアドレナリンの使用でキャンセル可能。

    数量クールダウン速度ブースト後遺症持続時間
    初期値125秒2.5秒5秒
    最大強化後412.5秒3.5秒2.5秒

LANDAUエミッター

  • Tacticool随一の未来兵器。
    人間以外のあらゆる物体を吹き飛ばす。
  • 物理演算システムのお陰で吹き飛んだ瓦礫や破片は
    強力な武器となるが、慣れないと吹き飛ばす方向のコントロールが難しい。
  • 敵車両に対しても有効。
    発動まで一瞬の遅延があるので、車はあまり引き付けずに
    少し離れたところからエミッターを発動すると良い。
    ただし離れすぎると衝撃力も弱まってしまう。
  • 吹き飛ばした車両は1回転した後に綺麗に着地してしまい、また走り出せる。
    これは衝撃力レベルを最大まで強化しても変わらないので、エミッターで動きを止めた後
    他の手段でトドメを刺す必要がある。
  • 衝撃波は煙幕や毒ガスに対しても有効で、
    多少遠くからでもエミッターで散らすことが可能。
  • 地面に設置したC4を誘爆させずに前方に飛ばすことが可能。ver2019060511にて修正
  • 敵味方問わず投射物(各種グレネード・RPG・RTFM)は爆発前に吹き飛ばすことが可能。

    衝撃力クールダウン射程
    初期値900012秒6m
    最大強化後157506秒9m

ガスグレネード

  • 着弾地点に毒ガスを展開する。
  • 味方のガスは青く、敵のガスは黄色く表示される。
    毒は敵のみに作用し、味方の青いガスは無害。
  • ガスは爆風やエミッターで解除される。

    数量クールダウン効果時間ガスダメージ価格
    初期値125秒12秒12%180,000S
    最大強化後612.5秒18秒17%

テーザー

  • 正面へ光線を放ち敵を感電させる。
  • 光線はある程度敵に向かって飛ぶため多少の高低差や左右への攻撃も可能だが障害物は貫通できない。
  • 命中した敵は「スタン/スローダウン」秒間、以下の影響を受ける。
    通常状態の敵は「スローダウン」状態となり、移動速度が低下する。
    アドレナリンを使用していた敵に命中した場合、「スタン」となる。
    スタン状態では一切の移動・方向転換・射撃が不可能となる。
  • スタンが終わった後は行動可能となるが、1.5秒ほどの間、
    「スローダウンパワー」%分だけ移動速度が下がった状態が続く。

    taserrange.png
    この位の高低差・左右差までは射程圏内

    クールダウン射程スタン・スローダウンスローダウン
    初期値16秒5.5m3.5秒30%
    最大強化後8秒8.3m5.25秒55%

    ver2019072611にて射程が約40%伸びた

ミサイルディフェンス

  • ミサイルや敵ドローンを迎撃するポッドを設置する。
  • 迎撃ポッドは味方にのみ見える起動範囲(迎撃範囲)を持ち、
    範囲内に飛来した対象物を撃墜し無力化する。
  • 迎撃対象となるのはRPGRTFM空襲ドローン
    いずれも敵の物のみが対象。
  • ポッド一つにつき迎撃できるのは使用回数まで。
    使用回数を超えるとポッドは消滅する。


  • 一方、以下の条件で迎撃ポッドは破壊される。
    ・グレネードやC4などの爆発物に巻き込まれる
    ・敵の近接武器(トマホークなど)で攻撃される
    ・エミッターや爆風で飛ばされてきた障害物に当たる
    ・車に轢かれる
    ・流れ弾に当たる

    missile defence_1.png
    ポッドを中心として薄く広がる円が効果範囲


    最大設置数クールダウン起動範囲使用回数
    初期値130秒7m2
    最大強化後412秒9.1m7
    ver2020070115にて起動範囲拡大

タクティカルシールド

  • 正面からのメインウエポンやサブウエポン(トマホークなど含む)のダメージを大幅にカットする盾を展開する。
  • 敵の攻撃は「被ダメージ」%まで減少する。
  • 被ダメージ30%ならば70%のダメージはカットされる。
    ゲーム内表記が非常に分かりにくいが、カンストで30%+20%とは被ダメージが10%になっていることを意味する。つまり敵攻撃は90%までカットされる。
  • タレット(車やマップ上の固定機銃)のダメージもカット可能。数発耐えることができる。
  • 盾の展開中はサブウエポン(トマホークなどの近接武器やハンドガンなど)以外の全ての攻撃や特殊武器の使用ができない。

    発射速度を強化することでピストル(ハンドガン)の発射速度が強化される。

  • 盾の使用中はローリング回避もできない。
  • 盾の展開中は移動速度が大幅に低下する。
  • 盾の展開には「発射前の遅延」秒、解除には1.3秒の隙が生じる。この隙はキャンセルできない。
  • 盾は「被ダメージ」を最大まで強化することで、SMSの直撃ですら複数発耐える耐久性を発揮する。
  • 盾はグレネードやRPG、爆発物などの爆風ダメージは一切カットできない。
  • 盾の展開中にテーザーを受けると更に移動速度が低下する。(スローダウンを受ける)
  • 盾を展開していない時は背中に盾を背負っているが、この背中の盾にも一定の防御判定がある。

    正面に構えたときほどではないが、上半身への攻撃ならある程度背中を守ってくれる。

  • 盾を展開中は障害物(エミッターで飛ばせる物)を少し押すことができる。
  • エミッターで障害物を飛ばされた場合もほぼ即死するが、物の勢いが弱い場合押し返して生き残るケースが稀にある。
  • エミッターで飛ばされて来たグレネード類を正面に跳ね返せる場合がある。

    発射前の遅延被ダメージ移動速度ピストル発射速度
    初期値3秒30%40%100%
    最大強化後1.5秒10%65%135%
    ver2020070115にて被ダメージ性能向上

専用特殊装備

空襲(スネック専用)

  • 自分の前方に上空から7発の爆撃が発生する。
  • 爆撃範囲は事前に敵味方から赤い円となって視認可能。
  • 範囲が非常に広く、上空からの攻撃のため前方に障害物や
    高低差があっても無視できる。
  • 発動まで2秒ほど無防備になるため使い所には注意が必要。
    発動前に倒された場合、爆撃はキャンセルされる。

    クールダウンダメージ範囲ミサイル数パワー
    30秒6m720000

A-232(ツロイ専用)

  • 自分を中心に強力な毒ガスを発生させる。
  • ガスは1秒おきに発生し12秒間噴出が続く。
  • 発動時に一瞬だけ足が止まる。
  • 一度発動してしまえば移動可能。敵陣への突入時に非常に効果的。
  • 毒はガスグレネードと同様、味方へは無害。
    クールダウン効果時間煙幕範囲ガスダメージ
    30秒12秒5.5m18%

RTFM(ダッチ専用)

  • 前方に4発のロケットを放つ。
  • 使用感はRPGに近いが、こちらは4連で発射までが早く、
    移動しながらの使用も可能。
  • 1発目から4発目まで方向調節可能。

    ミサイル数クールダウンダメージ範囲パワー
    435秒4.3m18000

UAV(ディアナ専用)

  • UAV(ドローン)を操作する。
  • 操作できるドローンはボマーCW地雷の3種から選択できる。
  • ドローン操作中は視点がドローンのものに切り替わり、ディアナは操作地点で無防備となる。
  • 各ドローンのグレネードは3発のみの撃ち切りで、任意のタイミングに分けて投下可能。
  • 地雷ドローンの投下地雷は落下1秒後から起爆判定を持つ。
    ただし、敵が一歩も動かなかった場合はたとえ足元に地雷があっても爆発しない。
  • 通常の射撃では撃ち落とせない。
  • ドローンが墜落する条件は以下
    ・30秒経った後の電池切れ
    ・操縦者の死亡
    ・×ボタンによる操作の中断
    ・壁や障害物への衝突
    ・スネックの空爆や高レベルのC4など、高空への判定のある爆破攻撃

なお、地雷ドローンの追加と入れ替わりにディセプター(スモーク)は削除された

ボマー(破片手榴弾)

クールダウン効果時間ダメージ範囲パワー
25秒30秒5m7000


CW(ガスグレネード)

クールダウン効果時間ガスダメージ
25秒30秒14%


地雷ドローン(通常型地雷)

クールダウン最大設置数ダメージ範囲起動範囲
25秒35.5m1m



OPTICAMO(シャロン専用)

  • 光学迷彩により姿を消す。敵からは一切見えない。
  • OPTICAMO中のシャロンは移動速度が上昇する。
  • 唯一ディアナおよびドローンは検知可能。発見された場合は他の敵にも見えるようになる。
  • 隠れている最中のシャロンは一切の攻撃・特殊武器の使用・ローリング・武器の変更・制圧モードのサークル制圧・乗車が行えない。
  • マネーバッグを保持していると姿が現れてしまう。
  • OPTICAMOで潜伏するとテイザーのクールタイムが0になってしまう。
    このため、奇襲でテイザーを使うことはほぼ不可能となる。

    クールダウン
    12秒


要塞シールド(モーゼス専用)

  • タクティカルシールドと同じような性能の大型の盾を展開する。
  • 展開中の効果はタクティカルシールドを参照。
  • 「発射前の遅延(盾を展開する速度)」、「移動速度」は最大強化したタクティカルシールドの方が上。
  • 一方で「被ダメージ(ダメージ軽減率)」や「ピストル発射速度」の補正は要塞シールドの方が高性能となっている。

    発射前の遅延被ダメージ移動速度発射速度
    2秒8%55%140%

フラッシュシステム

  • 要塞シールド展開中に使用できる強力なフラッシュ。
  • 効果範囲内の敵全てが効果を受ける。
    効果を受けた敵は頭上に青いマークが表示され、移動とローリング回避以外の行動を封じられる。
    (特殊武器の使用、武器の切り替え、サブウエポンによる攻撃なども不能)
  • 相手の行動不能時間は、フラッシュシステムを受けた距離によって変動し1秒〜7秒
    後ろを向いていても効果範囲内であれば影響を受ける。
  • フラッシュシステムのクールタイムは12秒

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-23 (水) 15:44:19 (28d)